ミニバスネット

ミニバス・クラブチームの保護者向け情報サイト

楽しめるバスケットボールを子どもたちに。

BASKETBALL to ENJOY for GARLS and BOYS.

試合後のご飯なんにしよう!

ミニバスの試合でたまった疲労を回復する食事と日頃の食事習慣について

試合が終わった後の子ども達って顔を真っ赤にしてボーっとしてませんか?バスケットボールの試合が終わった後の子ども達は体中にかなりの疲労が蓄積されています。毎日トレーニングや練習をしていても、緊張感のある試合後の疲労感は練習の疲労とは全くの別物。翌日に疲労を残さないように、疲労の回復を目的とした食事はどのようにすればよいのでしょうか。

ポイントのひとつは、食事の時間

まず気をつけたいのは、食事の時間です。試合が終わった後は早く食事をした方が疲労回復には良く、2時間以内に摂ることが回復は一番効果的で望ましいと言われています。ご飯をメインとした食事や・パン類や麺類、果物や魚介類の糖質の多い食事を摂ることで、筋肉内のグリコーゲン量を効率よく回復させてくれます。

ですが、昼間の試合であると試合終了後2時間以内というと、いつもより少し早めの夕食ということになる場合は、運動直後にエネルギー補給用ゼリーを少量摂るのも効果的です。その際、おなかいっぱいにならないように半分程度にとどめ、夕飯もしっかり食べられるような量を目安の量をに子どもに食べさせましょう。

食事の内容については、「炭水化物(糖質)はたっぷりと、あとは子どもの好きなものを好きなだけ」で基本的には大丈夫。頑張った子どもに大好きな食事をたくさん食べさせ、心も満たしてあげることによって効率よく疲労を回復してくれるでしょう。

筋肉の修復を早める効果がある食事

バスケットボールのように短時間で激しく体力を消耗する運動をすると筋肉が傷を負います。それが修復を繰り返すことで筋肉は鍛えられていく訳ですが、修復スピードを早く高めるには筋肉の栄養素である肉類や魚介類といったタンパク質が必要です。筋肉と筋肉は、同じくタンパク質でできているコラーゲンという結合組織でくっついています。このコラーゲンの合成を促進してくれるのがビタミンCです。ビタミンCは疲労の回復に最適な栄養素で、オレンジジュースなどを試合後ににコップ一杯飲むだけでも効果が期待できるでしょう。

大人だと胃がもたれたりする揚げ物は疲れた身体には負担がかかりますが、ミニバスを頑張っている小学生なら多くの子どもの場合、胃腸がもたれる心配はいりません。食べない方がいい食物などは特別ないと考えて大丈夫。試合終了後は本人が食べたいものをできるだけ早く食べさせてあげて、疲れた心とカラダをしっかりと回復する手助けをしてあげましょう。さらにバランス良く美味しいものを食べることで、精神的な疲労も回復できるはずです。

日頃の食事習慣に気をつける

カラダを作る栄養素を摂取し、発育や成長、ベストなコンディションを維持するために重要な役割を担うのが食事です。子どもの代わりに親がバスケットボールの練習をする訳にはいかないけれど、食事ならバスケットボールに必要な献立を親が考え、子どもに提供することできます。そういう意味で食事とは親が子どものバスケットボールに協力できる唯一のトレーニング手段なのです。

小学生時代は成長期の中でもっとも大事な時期です。その小学生時代にバスケットボール選手にふさわしい栄養を意識した食事をしていれば、将来自分で食事を作る、あるいは選ぶ時になっても親が食べさせてくれた食事を基本とし、自然と栄養を意識した食事ができるものです。

そして、バスケットボール選手にふさわしい食事とは、私たちがずっと健康で過ごせるための食事に共通している部分がたくさんあるのです。そんな意味で、小学生時代に取る食事は『一生の宝』になる良い食習慣形成を得れる時期でもあります。

良い食事習慣とは

良い食事習慣とは、まずは基本中の基本で必ず実践させたい『1日3食以上食べること』。朝食を抜いたと仮定すると、給食の時間まで前日の夕食から16~17時間も空腹の状態が続いてしまいます。子どもが朝食時に空腹を感じていないのはカラダが目覚める時間に朝食の時間になっていないということが多いとが考えられます。

小学校で授業を受けている勉強の時間にエネルギー不足が起き、勉学にも影響がでてしまいます。すると、体温が上昇しないまましかも脳のエネルギーも不足したまま学校で勉強をしていることになります。その結果、低体温、集中力や注意力不足になり、ちょっとしたことでケガをしたり、勉強にも身が入らずにテストで悪い点を取ったりしてしまいます。『朝食は食べて当たり前!』だということを、親がしっかりと気をつけてあげなければいけません。そんな食習慣をつけてあげましょう。

貴重な朝の時間に朝食作りは大変なのよ、、というお母さんたちの声も聞こえてきそうですが、難しく考えてはいけません。簡単な朝食で、いざとなれば子どもたちにも作れる朝ごはんだってたくさんあります。試合で活躍するためにも日頃の朝食を必ず食べる習慣を身につけさせて、大事な場面でシュートを外さない精神力と体力を身につけさせる親でありたいですね。どうぞ毎日温かい朝食を食べさせて、元気いっぱいに学校へ送り出してあげてください。


↑↑忙しいバスケキッズママ応援↑↑

コメントはこちらへ 

当サイトにてコメント内容を確認後の表示となります

*
*
* (公開されません)

Return Top