ミニバスネット

ミニバス・クラブチームの保護者向け情報サイト

楽しめるバスケットボールを子どもたちに。

BASKETBALL to ENJOY for GARLS and BOYS.

親が子どもに最初に伝えること

親がバスケットボールを楽しんでいる!と思わせる事が大事。

この記事を読んでみようと思われた方は少なくともバスケットボールの経験がある方がほとんどだと思います。過去にバスケットボールを心から楽しみ、その楽しみを自分の子どもにも味わって欲しい。その気持ちが親子でバスケットボールの練習を始めたきっかけになったのでしょう。

親は子どもに対して何ができるのかを考える。

バスケットボールのルールや技術はもちろん、教えたい事はたくさんあるでしょう。他の子より早く練習させて差をつけさせたい!自分の子どもが試合で活躍しているところを見たい!今から本格的に始めれば、プロバスケットボールプレイヤーだって夢じゃないかも!夢はどんどん広がります。

だけどちょっとだけ考えてみてください。親がバスケットボール経験者であっても、子どもはバスケットボールを好きになってくれるであろうか。親が子どもにバスケットボール熱を注げば注ぐほど、練習はきつくなり子どもへのプレッシャーも大きくなります。

幼少期からきつい練習をさせたら、子どもはバスケットボールを好きになるどころか、嫌いになるかもしれません。親だからこそ、できる事を考える。

まず親が子どもに出来る事はバスケットボールを上手にさせる事ではなく、バスケットボールを大好きになってもらうという事。バスケットボールを大好きになれば、子どもは勝手に練習をし、日常の親子の会話のほとんどがバスケットボールの話題となり、経験者である親を頼り、上手くなろうとします。

どうすれば子どもはバスケットボールを大好きになってくれるのか。その答えは一つ。親がバスケットボールを大好きである事を分かりやすく見せる事。

これは子どもにとって幼少期に多大な影響を受ける親だからこそできる唯一の事なんです。親が楽しそうにバスケットボールをしていたり、テレビやパソコンでバスケットボールの試合を熱心に楽しそうに見ていたら、自然と子どもは親の大好きエリアに入ってきます。

好奇心旺盛な幼少期にはお父さんがやってるドリブルテクニックをやってみたいとかあの選手のあのテクニックをやってみたいとかあの選手の様なプレイを試合でしてみたいと自然に思うでしょう。

親だからこそできる事。この事を常に頭において子どもとの「楽しい」バスケットボールライフを送りましょう。

ミニバスネット編集部 編集長

コメントはこちらへ 

当サイトにてコメント内容を確認後の表示となります

*
*
* (公開されません)

Return Top