ミニバスネット

ミニバス・クラブチームの保護者向け情報サイト

楽しめるバスケットボールを子どもたちに。

BASKETBALL to ENJOY for GARLS and BOYS.

『クロスオーバー』の基本を学ぶ

クロスオーバーは足の使い方とリズムで決まる!

バスケットボール-ドリブルクロスオーバー(フロントチェンジ)は、バスケットボールでのドリブルのテクニックとしては基本的で実用回数も多いものです。これはドリブルしている手を自分の体の前でチェンジする技です。例えば右手でドリブルしていたボールを、体の前で左手に移すことです。体の目の前でボールを切り返すだけなので、ボールのハンドリングがしやすい技ですね。

クロスオーバーはディフェンスとの距離が大事

素早く切り返しのできるクロスオーバー。ところが、クロスオーバーには気をつけなければいけないポイントがあります。それは相手ディフェンスとの距離です。ディフェンスとの距離が近いとドリブル中のボールをスティールされやすいのです。

クロスオーバーのタイミングを見てボールを奪いに来るディフェンスもいます。ではボールを奪われないためには、どうすればよいのでしょうか。

クロスオーバードリブルの練習のコツ!
①ディフェンスとの距離と動きを確認しながらクロスオーバーする
相手の手がボールに届く距離にないかどうかチェック!
スティールが狙われていないか相手の動きを観察する
②スピーディーなハンドリング
ディフェンスが手を出す余裕を与えないようにするには「強くて速い」ドリブルが必要です。
③低いドリブルでクロスオーバーする
重心を低くしてボールを持ち変えます。
ディフェンスが近めにいるときは、ヒザよりも低い高さでボールを強く切り返すイメージです。
④手でアームガード、体でボールをガードする
ドリブルをついていない手でボールを守る(アームガード)のも大事です。
右手は左手にボールを移しながら、左手のボールをディフェンスの手からガードします。
流れで右肩をディフェンスとの間に入れ、さらに強くガードすることも可能です。
⑤一番重要な足の使い方
ただ手だけで右へ左へとクロスオーバーするだけではスピードに頼った「並」のクロスオーバーになってしまいます。重要なのは「足」の使い方なんです。足が止まった状態のクロスオーバーにはほとんど意味がありません。ディフェンスとのレベルの差があれば簡単に抜けますが、ディフェンスが格上の場合は足が止まったクロスオーバーでは抜けません。
足の使い方 右手から左手へ
1)クロスオーバーをする前のドリブル時に右足を右斜め前に踏み込む
2)クロスオーバーをした瞬間に左足を進行方向へ踏み込む
基本を学ばずに覚えてしまったクロスオーバーの悪いクセはなかなか直りません。そうならないよに、しっかりと基本を身につけましょう。
子どもに対して効果的な「スポーツオノマトペ」を使って指導する

スポーツにおける動きのリズムを表した音と、選手が発する掛け声を「スポーツオノマトペ」といいます。この「スポーツオノマトペ」を使えば、説明してもできない子や見ても真似できない子ども達に感覚的にスポーツのリズムを身につける事が期待できます。

例えばクロスオーバーであれば
1)クロスオーバーをする前のドリブル時に右足を右斜め前に踏み込む 『タッ』
2)クロスオーバーをする 『シュッ』
3)クロスオーバーをした瞬間に左足を進行方向へ踏み込む 『バッ』
4)思い切りドライブする 『ガーッ』

というように子ども達が「音」で行動を理解できるようにしてみると、手取り足取り指導するより効果がある場合がありますし、何より楽しく練習できるきっかけにもなります。

理屈なんて後回し!頭より体に覚えてもらう!なんで足を動かしながらやるの?なぜアームガードがいるの?体を斜めにするの?なぜドリブルは低くするの?たくさんの疑問が子ども達の頭の中でグルグルまわっています。

中にはどうしても気になり聞いてくる子もいるでしょう。子ども達に難しい説明は必要ありません。シンプルに分かりやすい言葉で言えばいいのです。そしていつか自分で考えるチカラがついた時に、子ども自身が気づく時を待ちましょう。上達はそこから始まっていきます。

コメントはこちらへ 

当サイトにてコメント内容を確認後の表示となります

*
*
* (公開されません)

Return Top