ミニバスネット

ミニバス・クラブチームの保護者向け情報サイト

楽しめるバスケットボールを子どもたちに。

BASKETBALL to ENJOY for GARLS and BOYS.

バスケットボールの歴史

テレビもラジオも無かった日本にバスケットボールは伝わった。

日本のバスケットボールの歴史は110年!?

日本にバスケットボールが伝わったのは1908年。当時日本にはテレビもラジオも無く、国民の娯楽がほとんど無かった明治41年だった。YMCAの訓練校を卒業した大森兵蔵という人物が東京YMCAで初めて紹介したと言われています。そして1913年にYMCA体育主事のF.H.ブラウンが来日し、関東、関西で競技の指導に尽力し普及していきました。

1910年代の日本ではいまだスポーツ施設が少なく競技用具も粗末であるなど本格的に受容するだけの受け皿がなかったとされているため、正確な記録は見つかっていません。

日本語では「籠球」となる

1924年には、早稲田大学、立教大学、東京商科大学が全日本学生籠球(ろうきゅう)連合を結成し、全国各地で対抗戦が行われていきました。その頃には競技用具なので充実も徐々に始まり、急速に普及していきました。

そして、1930年に日本バスケットボール協会(JABBA)が設立され、普及と発展及び競技レベルの向上に努めていきます。1967年に発足したバスケットボール日本リーグは、当初男女共同運営で日本バスケットボール協会が主催して開催されていました。

プロへの構想が始まる

1995年、日本バスケットボールリーグ発足30周年を前に、将来のプロリーグ化を視野に入れた独立採算方式のリーグ戦のシステムを構築するため、主催統括団体としてバスケットボール日本リーグ機構が設立。1996年に日本バスケットボール協会からバスケットボール日本リーグ機構に主催統括団体が変更。

1998年、女子のリーグ戦はバスケットボール女子日本リーグ機構(WJBL 一般にはWリーグ)に移管し、男子によるリーグ戦のみとなります。2000年、1部リーグの2、3年後のプロ化を前提として、1・2部を「スーパーリーグ」と「日本リーグ」に名称を変更。ホームタウン制を取り入れた地域密着型運営に着手します。ただしホームタウン所在地とは関係ない地域の試合もあり、ホームタウン制は機能していませんでした。

企業チームによる非プロリーグ派の脱退

プロリーグ化が日本バスケットボール協会の主要役員や企業チームが反対して一向に進展しなかった。

2004年8月にリーグ内の2チームは、バスケットボール日本リーグ機構と日本バスケットボール協会を脱退。独自にプロリーグ「日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)」を結成する。

2005年4月にbjリーグは初年度のシーズンが開幕。

それ以降の日本のバスケットボール界はプロチームのあり方や、リーグの分裂や統合を繰り返し、様々な問題を抱えていたため、発展と強化が大幅に遅れ、アジアの各大会で苦戦を強いられています。日本代表は、女子が2004年のアテネオリンピックに3度目の出場を果たしましたが、男子は1976年のモントリオールオリンピックを最後に出場は途切れています。

2014年11月27日、日本バスケットボール協会(JBA)はFIBA(国際バスケットボール連盟)より勧告を受けていた『国内男子トップリーグの統合』、『ガバナンス能力に欠けるJBAの改革』『日本代表の長期的な強化策』の問題が解決されず、FIBAから国際大会の資格停止処分を受けました。

2015年6月19日、日本は様々な問題を解決の方向へと向かい、FIBA(国際バスケットボール連盟)が、2014年11月27日に日本協会に科した、無期限の国際試合出場停止処分の解除を決めました。そこで満を持して開幕したのが2016年9月、NBLとbjリーグが統合した新リーグ「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)」です。

バスケットボール界のこれから

日本にバスケットボールが伝わって約110年。様々な問題を抱えていた日本のバスケットボール界も、Bリーグの誕生でやっと一つになり、「発展」と「強化」が本格的に始まったという印象を受けます。

今バスケットボールに夢中になっている子ども達が一人でも多く心の底から「プロになりたい」と言えるようなスポーツになることを期待しましょう。

コメントはこちらへ 

当サイトにてコメント内容を確認後の表示となります

*
*
* (公開されません)

Return Top