ミニバスネット

ミニバス・クラブチームの保護者向け情報サイト

楽しめるバスケットボールを子どもたちに。

BASKETBALL to ENJOY for GARLS and BOYS.

1番とか2番って一体なに?

バスケットボールでの5つのポジションの名前と役割を小学生向けに解説!

バスケットボール選手はそれそれ役割を持ってプレイしている

バスケットボールにはポジションが5つあり、それぞれに数字の呼び名もあります。

バスケの5つのポジション名と数字での呼び名
1番.ポイントガード(PG)
2番.シューティングガード(SG)
3番.スモールフォワード(SF)
4番.パワーフォワード(PF)
5番.センター(C)

 上記のポジションで、1番のポイントガード、2番のシューティングガード、3番のスモールフォワードを「アウトサイド」と呼び、4番のパワーフォワード、5番のセンターを「インサイド」と呼びます。

このアウトサイドとインサイドという概念は、バスケットボールをプレイする上で、必ず理解する必要があります。ではアウトサイドの3つのポジションとインサイドの2つのポジションには一体どんな役割があるのか説明していきます。

アウトサイドプレイヤーの役割

アウトサイド:一般的に中学生以上からある3Pエリアの外側付近でプレイする選手です。クイックネスやスピードが求められ、巧みなドリブルスキルを必要とし、ロングシュートやミドルシュートを得意とする選手が多いです。ドライブでゴール下へ切れ込んでいき、ゲームをクリエイトしていきます。

「アウトサイドからもシュートを打って行け!」なんてコーチに言わたりします。そのアウトサイドのポジションは3つに分けられます。

1番 ポイントガード(PG)
このポジションの役割・必要なスキル
・コート上の司令塔。オフェンスでのゲームメイクで各プレイヤーに指示を出す
・オフェンスの時、フロントコートまでボールを運ぶ
・味方の得意、強みを引き出すゲームメイクスキル
・チームの士気が下がりそうなときに、声で奮起する
・シュート力があると、ゲームの流れを変える
どんな子供が向いているか
・ドリブルが上手でボールキープ力がある
・前を見てドリブルがつける
・パスを正確に判断して出せる
・スピードがある
・リーダーシップがある
・背は高くても低くてもよい

小学生に明確なポジションが与えられることは少ないですが、オフェンスの起点になっていたり、チームに指示を出してゲームをコントロールしたりしている選手はポイントガードと考えていいでしょう。

チームで一番ドリブルが上手で、ディフェンスになかなか取られれないボールキープ力があり、そこからのパスさばきが上手な選手がやります。よく「バスケットはポイントガードで決まる!
とも言われており、バスケットボールが上手な子供がポイントガードをするとチームが安定して得点していきます。

2番 シューティングガード(SG)
このポジションの役割・必要なスキル
得点を狙いに行く
・アウトサイドやミドルからシュートを狙っていく
・ドライブからの1on1を仕掛けて、得点を狙う
・ポイントガードのボール運びを手伝いフォロープレーをする
どんな子供が向いているか
・レイアップシュートが得意
・ロングシュートが得意
・パスをもらう場所を判断できる
・スピードがあって、ドライブをしてもファンブルしない力強さがある
・相手に向かっていく精神的な強さがある

2番のシューティングガード(SG)もゴールから離れた位置でプレイすることが多い選手です。ポイントガードの補佐的な役割もしますが、基本は積極的に得点を狙うポジションです。

またロングシュートを決めたり、チームがシュートを打ったときにリバウンドに飛び込むこともありますが、セーフティと言って、チームメイトがシュートを打ったこときにリバウンドに入らず、ディフェンスに戻る傾向のある人がシューティングガードの可能性が高いです。

チームの中で一番得点力の高い選手がシューティングガードを努めます。バスケットの神様、マイケル・ジョーダンがこのポジションでした。チームによってはこのポジションにエースがいる事が多いです。自分で得点を取りに行ったり、ディフェンスを突破して回りを活かしたり、華のある、人気のポジションです。

3番 スモールフォワード(SF)
このポジションの役割・必要なスキル
得点を狙いに行く
・ゴールに向かってアタックを仕掛け、ぶつかりながらのシュートを決めたり、相手のファウルを誘ったりする
リバウンドにも積極参加し、ゴールから少し離れた場所のリバウンドを取る
・パワープレイでゴール突進していくスタイル
・アウトサイドとインサイド両方が出来る選手だと、オールラウンダーと言われます
どんな子供が向いているか
・ディフェンスに当たっても崩れないフィジカルの強さがある
・ゴール付近のシュートを安定して打てる
・ハードなプレイをしてもファンブルしない精神的な強さがある
・味方のドライブに合わせて、パスを受ける場所が判断できる

1番2番と同じアウトサイドを定位置としプレイしますが、ゲームの状況によってはゴール下のプレーにも入っていきます。1番2番がどちらかと言うとスピードを駆使して得点を取りに行くのに対し、スモールフォワードはアウトサイドとインサイドの両方できるオールラウンドな活躍を求められるポジションです。

インサイドプレイヤーの役割

インサイド:インサイドの選手はペイントエリア周辺や、ゴール下でプレーすることが多いです。相手の選手と体が当たったりしても負けない強さが必要となり、背が高かったり、ジャンプ力があればリバウンドを多く取ることができ、ゲームを優位に進めることが出来ます。

相手のシュートをブロックしたり、ゴール下付近のプレイを多く求められます。小学生の時期には背が高いインサイドプレイヤーがいるとゲームを優位に進められることが多いため、それに対抗するためにロングシュートをたくさん練習するチームがあります。インサイドのポジションは2つに分けられます。

4番 パワーフォワード(PF)
このポジションの役割・必要なスキル
・ペイントエリア付近を動き回り、ローポストやハイポストで得点を狙う
・速攻にも参加し、流れのなかでスコアを狙う
・体を張ったポストプレーから引き付けてパス
・相手の進路をふさぎ、味方が自由に動けるように助ける
どんな子供が向いているか
・背が高い
・ジャンプ力がある
・ディフェンスに当たっても崩れないフィジカルの強さがある
・ゴール付近のシュートを安定して打てる
・ミドルシュートが得意
・リバウンドの競り合いができる
・身体を張ってハードにプレーする精神的な強さがある
・味方のドライブからパスをもらい、得点が出来る

4番も5番も同じインサイドプレーヤーですが、4番の選手はゲームの状況を見てインサイド・アウトサイドを臨機応変に対応します。アウトサイドの選手へスクリーンに出たり、パスの受け渡しになったり、外からシュートを打ったりもします。

「ストレッチ・フォー」と言って、4番のパワーフォワードの選手にシュート力やパスをさばくバスケットセンスが高ければ、外に出てプレーし、相手のパワーフォワードを外に出しリバウンドに傘下させなかったり、味方のアウトサイドのドライブ時の邪魔にならないように判断したりします。

5番 センター(C)
このポジションの役割・必要なスキル
・ゴール下付近でパスがもらえる
・ディフェンスをかわすステップワーク
・高い打点でシュートを打てる
・ゴール下の相手のシュートへのブロックショット
・リバウンド力
どんな子供が向いているか
・背が高い
・ジャンプ力がある
・体が大きい
・責任感が強い
・リバウンドの競り合いができる
・身体を張ってハードにプレーできる
・味方のドライブからパスをもらい、得点が出来る

バスケットボールは1番と5番が特に重要になってきます!チームで一番身長が高かったり、体が大きくて強かったりと大きな選手がこのポジションを務めます。

ゴール下付近で身体をぶつけながらシュートに持って行ったり、味方のシュートが外れてもリバウンドをもぎ取ってそのままシュートに持っていったり、力強いプレーが多いのが特徴です。身長や体重も才能のひとつです。この才能が一番活かされるのが5番のセンター(C)なんです。

小学生に徹底したポジションの特定は避けたい

これまでに説明したポジションの役割はあくまで一般論です。小学生のゲームでは、ドリブル力のある身長の高い選手がガードをしていることもあるし(ビッグガードと呼ばれています)、リバウンドをする選手を固定ポジションに関係なくリバウンドを頑張っている選手もいます。

経験者の筆者の立場から言えることは、小学生の間はいろんなポジションをプレイをして経験を積んでもらいたいと思います。

バスケットボールは相手あってのスポーツなので、いろんな選手とマッチアップをして様々なポジションをこなすことでバスケットスキルが上達していきます。

バスケットというスポーツが出来ておよそ100年。ルールの改正があったり、プレイスタイルも進化し続けています。5つのポジションの役割は参考程度にご理解頂けたらと思います。

一昔前のミニバスではとにかく走るスピードやパスを重視したプレイスタイルのチームや、ゴール下を支配するインサイドプレーヤーの存在が強いチームの必須条件でしたが、近年ではアウトサイドからのロングシュートやミドルシュートを主体とし、個人スキルの卓越した機動力のあるバスケットボールが出来るチームが勝ち上がっていく傾向にあります。

チームプレイを重視しすぎて、個人スキルの練習を怠っていると中学生になってから「僕はレッグスルーもバックチェンジもできません」とならないように、所属しているチームの方向性に従って練習するのは当たり前ですが、個人スキルの練習もしっかりしておいて方が良いですね。

 

コメントはこちらへ 

当サイトにてコメント内容を確認後の表示となります

*
*
* (公開されません)

Return Top