ミニバスネット

ミニバス・クラブチームの保護者向け情報サイト

楽しめるバスケットボールを子どもたちに。

BASKETBALL to ENJOY for GARLS and BOYS.

練習中にボールが当たった相手の子供が泣き出し、その保護者の方に文句を言われました。

小学3年生の男の子を持つ母親です。
先日、いつもの様に練習のお迎えに行くとコーチの方に少しお話があるので待っててもらっていいですか?と言われ何事かなと思っていたら挨拶程度する他の3年生の子どもの親も残っていて、コーチを交えて話をしました。

話の内容はうちの子が練習中に相手の子どもと言い合いになり、ボールをお腹にぶつけてしまったそうです。うちの子にその場で確認するとパスの練習で、相手の子どもがキャッチできなくてお腹にあたり泣き出したという事でした。

相手の子どもはうちの子がわざと強いパスをしてお腹に当てたと言っており、その保護者も当たり所が悪かったら大きなケガになると強めの口調で言ってきました。コーチはその場を見ておらず黙ったままで「うーん」と言うばかりで、、。

確かに相手の子どもの技量に合わせてパスを出す事も実力のうちだから、うちの子もそのへんはダメだったかなと思い謝りました。けど、バスケットというスポーツを続けていくならこれぐらいの事は日常にあると思って、いちいち謝っていてはキリが無いなと納得できずにいます。

同じ学年なのでこの先ずっと同じチームでやってくなら納得していなくても謝ったのは正解だったのか、、、ちょっと考えてしまいました。

こういった時はどういう対処をすればいいのでしょうか?そういった経験がおありの方教えてください。


(愛知県 はなママさんより)

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. そういう感覚の保護者が子供にミニバスやらせるなんて考えられないな。
    3年生ならまだそういう力加減の判断ができないと思いますよ。
    それに小学3年生のパス練習で大きなケガをするなんで聞いたことないですね。
    大げさな親は放っておいてもいいと思います。

    ただこれから何度も顔を合わすと思うと気が重いですね。

コメントはこちらへ 

当サイトにてコメント内容を確認後の表示となります

*
*
* (公開されません)

Return Top